スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#71 県境の分校
~県境の分校~

この夏は雨が非常に多い。そんな中、気まぐれに岐阜県を訪れた。週間天気予報などである程度事前の天気はわかってはいたのだが、「もしかして晴れたりするかな・・」など都合の良いイメージを浮かべながらの訪問。しかし、物事はそううまくはいかず、やっぱり雨が降る。

今回の訪問、岐阜の「加須良」という集落跡を見ようと訪れたのだが、ここしばらくの大雨と、この日も雨と言うことで山奥は危険だろうと判断し、早々に断念する。仕方ないなぁと、岐阜と富山を結ぶR156を北に車を走らせる。
岐阜と富山の県境が複雑で次々と県の標示が入れ替わるあたりで、いきなり木造校舎が視界に飛び込んできた。道からは上部しか見えなかったが、運転しながらも一目で木造校舎とわかるその佇まいが私の目を惹く。かなり古びたその校舎、廃校であることは間違いない。
濃い雲に覆われた薄暗い空、小雨が降る中に浮かび上がる木造校舎・・何とも切なく寂しい・・しかし美しい。入り口の戸や窓が開けっ放しになっているこの学校、名前さえわからない。再利用はされているようだが、それも曖昧に思えるほど中は荒れている感じだ。小さな校庭には錆びたジャングルジムやブランコが見えるが、もちろんもう何年も使われた気配はない。現役の頃、元気に子どもたちが登校したであろう道は、今は人の気配を感じることはできず、スピードを上げて車が走り去るだけ。ふだんはやかましく感じる車の音だが、この風景の中ではなぜかホッとする。

帰宅後調べてみると、この学校は『白川村立白川小学校小白川分校』という学校だということがわかった。白川小学校のWEBサイトには「昭和47年4月小白川分校児童、富山県西赤尾小学校に委託」「平成4年3月小白川分校廃校」という記述がある。ということは、生徒が通わなくなって35年、廃校となってから14年が過ぎているということだ。あと何年この姿を見ることができるのかはわからない。だが豪雪の降るこの地域、傷みが加速度的に進んでゆくことは間違いない。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/07/30 00:00】 | 木造校舎・廃校 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。