スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#75 峠をまもる一軒家
~峠をまもる一軒家~

そこは別世界だった。そこだけが時間が止まっているような、そんな気がした。見たこと無いはずだが、この風景、どこかの古本の小さな白黒写真で見たような、そんな感じがする、そんな「峠の風景」であった。

以前何かの古い本で、この峠には一軒家が残っていて今でも人が住んでいる、ということを見た記憶がある。でもそれもだいぶ前のこと。それからかなりの年数が経っているので、気になっていながらも「もう人も家もないのだろう」と思っていた。
しかし最近その峠近くの集落を訪れた時に、地元の方から「まだ一軒茅葺のお宅がありますよ。住んでいる方もおられますよ」とうかがい、非常に驚いた。そして早速訪れてみた。

林道に車を停めるとその峠の一軒家の屋根が見えた。今でこそすぐ下にまで林道ができて楽に行けるようになったが、以前は険しい山道で、冬になると豪雪が襲う難所であったという。歴史も古く、多くの有名な歴史上の人物がこの峠を越えている。また地理的に見ても大変重要な交通の要衝であったようで、大きな合戦の舞台などにもその名を残している。
おそらくこの峠の老家屋、その時代から何百年も峠の茶屋としてこの地を見守ってきたのだろう。本当にタイムスリップしたような、そんな感じがする風景。そこだけをみれば昭和はもちろん、もっと前の時代にいるような気さえする。
この時、ご主人は山仕事でおられないようで、2匹の犬が迎えてくれた。草の生えた茅葺屋根が美しい。建物はまさに時代を感じさせてくれる。何百年と生きてきた、そんな美しさを醸し出しているのだ。それらに見とれているうちに、いつの間にか犬がもう1匹。最初は見知らぬ訪問者を威嚇して吼え続けていた犬たちも、やがて落ちついて目を細めて眠りに着く。

たった一軒で峠をまもる。豪雪に見舞われる冬も、たった一軒で残り続ける。しかも不便極まりない所。これまで多くの廃村、過疎集落を見てきたが、こんなのは初めてである。峠の茶屋として何百年も通行人の心を癒し続けてきた、そして峠で起こった多くの悲哀のドラマを先祖代々に渡って見守り続けてきた、そういう者としての時間を越えた誇りがそうさせるのか・・。

生ぬるい生活に浸りきった私のような者には到底理解できないような誇りと信念、そして時間を越えた美しさを感じさせてくれる、そんな峠の風景を私はこの夏、味わうことができた。






http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/08/27 00:00】 | 福井県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。