スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#79 美しい余呉の町と核最終処分場
~美しい余呉の町と核最終処分場~

本当に驚いた。滋賀県在住の方であれば、もうご存じの方も多いと思う。余呉町が‘核最終処分場’を誘致しようとしているという話だ。使用済み核燃料から発生する高レベル放射性廃棄物の最終処分場を、余呉町の「人里離れた山中」に設置しようというのである。
人口約4000人で、しかもそのうち三分の一近くが高齢者という余呉町、このサイトでも『廃村コーナー(針川、尾羽梨、鷲見、奥川並・・)』や『たまに一言(丹生小学校)』などでたびたび取り上げている、とても美しい山多き地だ。しかし一方では極めて深刻な財政難を抱え、このままでは間違いなく町の財政は破綻するという状況にある。処理場誘致は、光の見えない町の先行きを考えての苦肉の策ということか。
県としては、近畿圏の重要な水源である琵琶湖を保有する地として余りに危険と判断し反対しているそうであるが、それでも町長は誘致先公募に応募する意向だという。町を維持して行くにはこれしかないという、苦悩の結果の判断なのだろう。

この高レベル放射性廃棄物、9月21日付けの中日新聞HPの滋賀版の記事によると
『原子力発電の使用済み核燃料再処理で、ウランとプルトニウムを取り出した後に残る極めて放射性の強い廃液。ガラスとともに高温で溶かし、ステンレス容器に入れて約500キロの「ガラス固化体」として処分する。青森県六ケ所村の施設で30-50年間、冷却のため貯蔵、その後に地下300メートルより深い地層に埋めるとされている。処分地選定は核燃料サイクルを実現する上で最大の懸案となっている。』
(※「中日新聞ホームページ」より引用)
とある。これだけを見ても高レベル放射性廃棄物が極めて危険ということがよくわかる。

現在全国で、処分場設置に応募意向を示している地がいくつかあるようだが、いずれもまだ正式な応募には至っていない状況だ。そんな中、町長は「(処分場は)国民的課題であり、国の役に立ちたい」と述べる。たしかにどこかが受け入れなくてはならないものなのだろうが、今回はそれよりも何よりも、町存続の切羽詰った追い詰められた状態での判断であるということが何ともやるせない。町の財政が恵まれているのであれば間違いなく応募することはなかったはず・・。

第一次調査の文献調査は市町村単位で応募でき、それだけでもかなりの交付金がもらえるということを考えると、県が如何に反対しようとこのまま‘応募’ということになるのかもしれない。こういう選択をしなければ、目立った産業のない過疎の地は生き残ってゆくことができなくなっている現実・・。詳しいことや難しいことはわからないが、何か大きく間違った方向に進んでいるような気がしてならない。処理場誘致や原発の是非、無用で垂れ流し状態の電力消費などももちろんだが、美しい山に囲まれた過疎の地が普通では生き残れなくなっている現実にどのような未来があるのだろう、など考えてしまう。

※参考資料「中日新聞ホームページ:地域の記事・滋賀/9月21日」








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/09/24 00:00】 | 滋賀県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。