スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
#90 あの村、あの校舎
~あの村、あの校舎~

秋が終わって冬を迎える。ここ数年、この時期にいつも思うことがある。「あの村、あの校舎、この冬もたくさんの雪が降り積もるのだろうなぁ‥」

あの村とは、岐阜県の豪雪地帯にある『越波(おっぱ)』という集落。あの校舎とは長嶺小学校越波分校のこと。この山深き山間の美しい集落が、冬季に無住となってから何度の冬を越したことだろう。この周辺の他の集落も『越波』同様(周辺といっても集落間の距離は半端ではないが)、秋の終わりには山仕事や畑仕事が終わり、豪雪に備えての冬支度がされた後に無人となる。そして残された家屋たちは、降り積もる雪を静かにやり過ごす。しかし冬ごとの、何メートルも積もる雪の重みに堪えきれず、姿を消した家屋も多いはず。冬が終わるたびに少しずつ、時には大きく姿を変えてゆく集落の風景‥。次の春にも、今と変わらぬ景色を見せてくれることへの願いがこめられた支柱が目にとまる。

この秋にも『越波』を訪れて、美しい里の秋を味わった。山、小川、青い空、老家屋、畑‥静かな集落は、冬季以外は畑仕事をする人の姿も見ることができ心和む。そのいかにも故郷という雰囲気が私は好きだ。そういえば昨年夏に訪れた時は、越波の美人三姉妹にお話を伺い、その年の秋の訪問では、エゴマの収穫の様子を見せていただいた。静かな村の中で、収穫作業の機械音と作業をする男たちや女たちの声が時おり響く中、かつての活気ある頃の村をイメージしたものだ。

道沿いに細長く並ぶ集落の中央部には美しい古びた木造校舎が今でも残る。いかにも村の分校という雰囲気で、塗装も当時のままなのか、かなり古びて皮膜も剥がれかけている。それがまた過ぎた年月を感じさせてくれ、さみしくそして美しい。この風景を見ながら、校舎に多くの子供たちの声が響いていた頃の時代を思い、そしてその先の風景を考える。

この冬もおそらく多くの雪が降り積もり、村の風景をモノトーンに変えることだろう。そしてしばし時間が止まったかのように静かに眠り、静寂の中で次の春を待つ。








http://www.geocities.jp/kondodoraibuiko_ne021/index.html
関連記事
【2006/12/25 00:00】 | 岐阜県山村・廃村・自然 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。